自動ドアもスマートフォンで開け閉めする時代に

自動ドアに導入できる鍵の中には、近づくだけで鍵を解除することができるハンズフリータイプの鍵が存在しています。

自動ドアに取り付けるだけでハンズフリーで解錠できる

自動ドアに取り付けられている鍵の多くは、一般の扉に利用されている鍵と同じ仕組みのものとなっています。しかしこのタイプは常に鍵を持ち歩く必要がある上に、長期間利用していると鍵が破損してしまう可能性が高いです。なるべく手間をかけずに自動ドアの鍵をコントロールしたい場合は、自動ドアの鍵をハンズフリータイプのものへと交換してみましょう。ハンズフリータイプの鍵は近づくだけで自動ドアのロックを解除することができ、長期間利用しても鍵が破損する心配はありません。複数の鍵を所有しているスマートフォンで一括管理することが可能です。

自動ドア対応のスマートロックの3つのメリット

鍵開けや操作することなく入室できる
自動ドアの解除を行なう際にはカードキーや鍵などを使用し、鍵の解除操作を行なう必要がありました。しかしスマートロックは鍵を解除するのにこうした作業が一切ないため、鍵やカードキーを持ち歩く必要がありません。
建物内の鍵を一括管理できる
一般的なシステムの鍵を会社で管理する際は、大量の鍵を保管するのにとても多くの手間がかかりました。一方スマートロックはスマートフォン一台で鍵を全て操作することができるため、鍵の管理も気軽に行なうことができます。
管理者は遠隔操作も可能
スマートロックにはオンライン鍵管理システムが内臓されており、管理者が遠隔操作でロックを解除することができます。そのため会社を訪問したクライアントなどに合鍵を渡す必要がなく、権限管理の手間も最小限に抑えることが可能です。

このようにスマートロックは鍵の管理を簡単に行なうことができます。鍵の管理をより簡単にしたい場合は、このシステムを活用しましょう。

TOPボタン