自動ドアの鍵トラブルは意外と多い

自動ドアは下部分に鍵穴が設置されていることが多く、鍵穴に汚れが蓄積したり衝撃が加わったりすると故障が発生してしまいます。自動ドアにこうしたトラブルが発生してしまうと、店舗の営業が行なえなくなりビジネスに大きな損害が生じてしまう可能性が高いです。店舗の自動ドアに設置してある鍵が壊れてしまった場合は業者に連絡を行ない、迅速にトラブルを解消してもらいましょう。業者はさまざまな鍵トラブルを迅速に解決してくれます。

鍵開け業者ならどんな鍵トラブルも解決

自動ドアに使用されている鍵にはさまざまなタイプが存在するため、鍵開けを依頼する際は鍵のタイプを事前に調べておきましょう。

自動ドアの鍵の種類

MIWA U9 DG
現在使用されている自動ドアの多くに使用されている鍵であり、シリンダー交換を行なう場合はドアを取り外す必要があります。
MIWA U9 DG2
ドアを取り外すことなくシリンダー交換を行なうことができる構造になっていて、いろいろな自動ドアで活用されています。
MIWA TRT
扉を脱着させることなくシリンダーが交換できるタイプの鍵で、自動ドア以外にも強化ガラス引戸などにも使用されています。
MIWA TRU
強化ガラス扉と自動ドアに使用されていることが多く、扉を外さずにシリンダー交換が行なえるのでとても便利な鍵といえます。
棒鍵
交換用の部品が入手しづらいため、修理やシリンダー交換を依頼する場合はまず在庫チェックを行なわなければいけません。

鍵開け業者は全ての自動ドアの鍵に対応できる

店舗の自動ドアで鍵の故障などが発生してしまうと、営業時間に遅延が発生してしまいお客様に迷惑をかけてしまう可能性が高いです。鍵開けやシリンダー交換を取り扱っている業者に相談を行なえば、鍵を開錠することで営業時間の遅延を解消することができます。早朝や深夜などの時間帯にも対応してくれるので、来客数が少ないうちに自動ドアを修理してもらうことも可能です。自動ドアが故障した場合は、業者に修理を実施してもらいましょう。

プロの業者が行う自動ドアの鍵開け・交換作業の内容

業者が自動ドアの鍵開けを実施する際は、鍵の状態やトラブルの種類に応じて作業時間が変化することが多いです。

自動ドアの錠前内部が錆びていると鍵開けの難易度は高くなる(40代/男性)

自動ドアの鍵が急に回らなくなってしまったので、業者に鍵の解除を依頼しました。業者が調べたところ鍵の内部で錆が発生しており、鍵がうまく作動しない状態になっていたようです。錆が発生していたため鍵を解除するのに多くの時間を費やしてしまいましたが、無事に鍵を開けることができたのでとても満足しています。

古いタイプの自動ドアでも交換することは可能です(30代/男性)

店舗で使用している自動ドアの鍵が壊れてしまったため、業者に依頼を行なって新しい鍵へと交換してもらいました。使用している鍵が古いタイプであったため対応してもらえるかどうか不安でしたが、きちんと対処してもらうことができて非常に助かりました。また自動ドアが故障した時も、同じ業者に修理を依頼したいと思っています。

TOPボタン